東南アジアのような暑さ、連日摂取35度を超える東京で過ごしてる。

なにかを書きだそうと思うときも、挨拶程度にやっぱり天気の話なんかから入ってしまう。

おばさんは毎日2言目には、「暑いわね〜嫌んなっちゃう」がマスト。憂歌団じゃないんだから。

そう、毎日おばさんに囲まれて働いてる。神宮前の喫茶店。それも今週まで。

一夏の思い出にはなったけど、おれはこの仕事に 嫌んなっちゃった  って感じで、

3ヶ月半くらいやったんだけど、同じことの繰り返しで飽きてしまって、って飲み屋だってまあまあそんな感じだけどもう4年くらいやってるし、よくわかんないけど、 気がすんだ  んだろう。今のリズムには。

別につまんなくかった訳じゃなくて。

そんなんもあと4日で終わる。

久しぶりに昼間の暮らしをやった。

やっぱり朝起きるのは体に悪いとおもったし、夜中の街をうろうろできないのはつまらない。

日付が変わった頃に寝に入るのはすごくもったいないし、やっぱり夜中する徘徊や考え事はとても大事だと思った。

それで再来週からミャンマーに行く。ビルマの旅ってやつだ。

どんな所だろう、今まで旅した所より情報が少ない。

ただこの季節の東京から行くと下手したらヤンゴンに着いて最初の感想が  涼しい  になっちゃうんじゃないかっていう不安がある。

やっぱり東南アジアは不快な暑さであってほしい。

ベトナムでスられたものは一通り買い直した。保険が下りたといってもそれはとても馬鹿馬鹿しい作業だった。新しいカメラは6万円くらいした。でもこれで万全だ。

ミャンマーは東南アジア最後のフロンティアとか言われてるらしい。最初に降りたつヤンゴンという街は都市ではあるけども煤けた感じでカオスな感じがする。どんな所だろう。

 

 

思ったこと

 

相変わらず何になりたいとかじゃなく、おれになる、おれでいるように暮らしてる。

社会とかいうセロファンでできたようなチープなフィルターをかけると25にもなって定職にもつかないでノーフューチャーなやつだろうか。

歳を取ったり国の中で働いたりして時間を過ごしてると世の中とのギャップがめんどくさかったり、逆に気持ちいいことがある。

世の中の同い年くらいのやつは大学とかを出て就職とかをして、世の中にしがみついて立派に見えるし頑張ってる。

その間ずっと遊んでるおれは立派とはほど遠いところにいるけど人生頑張ってる。

もうすぐ平成が終わるらしい。

おれは平成しか生きたことがない。

世の中は変わるとも言われてるけど、わりと他人事だ。

おれはおれの時代。今もこれからもおれの時代。

君が代ならおれが代だし、フーはマイジェネレーションって言ってたし、ミックジャガーはタイムイズオンマイサイド歌ってた。

つまらない世の中でおれたち楽しくやろう。

財布より心に余裕をもとう。

そんなサムシングでお金もらって安い酒でも飲めたら最高じゃん。東京でもバンコクでもどこでもさ。

愛のあるくだらない人たちと生きていけたらいいし、世の中そんな人が増えたら絶対いいから、もしおれだけでもそう在ろう。

くだらない仲間どんどん募集中。

 

暮らしていくということ

 

日曜日、また今週が回りだした。

日曜日の夜はホンキートンク、平日は喫茶店で働いてる。

昼間の仕事なんて1時間働いて1000円とかいう単位で、考えてしまうと気が遠くなる。

世の中の若者はもっと稼いでる。

おれはいろいろなことをやりたいエクスペリエンス的な衝動と旅のための暮らしだから、

この街のシステムでは、旅に出るたびに仕事を変えていく、というのが基本になってしまうんだろう。うっかり駄洒落みたいになっちゃったけど。

同世代の人たちを見てると就職 とかそうゆうのがキーワードになっていて、

おれの歳くらいになると就職とかしてる人がほとんどだ。

女の子なんかも就職してないような奴とはまず付き合えないというようなつまんないことを言ってるやつが目立つ。

おれは別に就職を嫌ってるわけでもなく、ただ就職というものがかなり現実的じゃなく実感がわかないんだ。

家族や親戚に就職してる人なんてきっとほぼいないし、月金でスーツを着て仕事にいくような暮らしは映画やドラマでしかみたことがない。

ただ、就職なんかしなくても死ぬまでご飯を食べていければ大丈夫だし、

さとり世代の女の子はそんなやつとは結婚なんかしてくれないかもしれないけど、暮らしてはいける。

暮らすために働いたりするんだし余裕だ。

ただもう少しやりたい暮らしにフィットした金策があったらもっと心も豊かになるし、

より良い暮らしを尊重するんなら東京じゃなくても、日本じゃなくてもいい。

最近日本は明らかに元気はないし、面白いものから順番に禁止していくので、どんどんつまらなくなってると思う。

夜中は踊らせない、街でたばこは吸わせないなんてくだらないことばっかり言ってる。

おれは多分まだまだ生きていくし、このままエスカレートしていくようなら必然的に日本を出ないと行けないかもしれないと最近感じる。

楽しくやるために働いてるのに楽しくやれないなら東京とおさらばしてタイにでも行くしかないかもしれない。

 

 

 

 

 

街はゴールデンウィーク最後の日。

おれは五月病になる暇もなく、

今までの生活で眠りにつくような時間には家をでて、明るい時間には仕事を終えてコーヒーでも飲んでる、みたいな生活をしてる。

だいたい平日は毎日、神宮前の辺りのオムライスが美味い喫茶店で働いてる。

日曜日は今までどおり夜の中野のバーだ。

少なくても週6日は働いてるけど、今まで週4日、夜働いてた頃よりは明らかに稼げない。

すこしのんびりとしたペースの生活だ。

毎日夕方には仕事が終わって、渋谷原宿あたりの洒落たカフェでコーヒー飲んだり、入会したばかりのフィットネスジムに行ったりしてる。

昨日家の居候もニューヨークへと旅立って、

部屋がとても広くなった。

おれも少しずつ節約しつつ貯金して次の旅に早く出たい。

 

 

熱気のベトナムから帰ってきて

少しの時間が経った。

もうだいぶ色々なギャップにも慣れて

東京ですっかり平和ボケしてる。

東京に慣れてしまうと、すこしスリルや混沌に飢えてきて、次はどこに行こうかとか考える。

週に1回2回くらい働いてあとはしばしのニート生活を楽しんでる。

夜の生活を少し早くして、今まで面倒だった銀行やら役所やら行って色々溜めこんだ手続きをしたりしてる。

職場はまたベトナム人が勢力を盛り返してきていて、日本に帰ってきても相変わらずベトナム人に囲まれてる。

自分がベトナムを見た上で思うのは

あんな所からひとりでやってきて、こんなにも違う国で、そこの言葉を覚え仕事をしてる彼らへの大きなリスペクト。

みんなすげえな。

3月の東京は思ったよりも寒くて、南から帰ってきたおれには少しきつかったけど、

やっとだいぶ暖かくなって、

今年も哲学堂の桜がとても堂々と咲き誇ってる。

今年こそは花粉症になりそうな気がしてる。

 

 

 

もうすぐ日本に帰る。

今は夜中1時過ぎ。フライトは5時55分発。

時差2時間足して14時前には成田に着く予定だ。

今日までいた宿を昼にチェックアウトして

ブイビエンをすこしぶらぶらして、

空港近くのホテルにきた。

今日ホテルをとるつもりはなかったけど、

まあ時間も長いし、休憩用にとホテルを予約したんだ。

空港周辺だからすこしリッチなホテル。それでも中では安い部類。

まあ今までのどの宿よりもリッチで洒落てる。

深夜チェックアウトもできることを確認した。

エレベーター、クーラーも効く、シミのないシーツ、熱いくらいのホットシャワー、

これで一泊23ドル。安いもんだ。

最後にしっかりシャワー浴びてすっきり。

この旅が終わろうとしてる。

2週間、一瞬だったけど、長かった。

結局ハノイホーチミン1週間ずつくらい。

 

頭おかしくなるベトナムドンの桁。偉い政治家のおっさんと食べた最高の焼き鳥。まさか東南アジアでのバスタブ。旧市街。エッグコーヒー。あまり美味くないソーセージ。スリ続出のボロ宿。エビチャーハン。1杯25円のビアホイ。高級なハンバーガー。週末のホアンキエムレイク。かわいいお姉ちゃんのいるロシア式サウナ。ナイトマーケット。商店のおっさん。ブイビエン。わりとレベルの高い味噌ラーメン。甘いブラックコーヒー。さびれた国内線。うるさい宿。サイゴン。333。むんむんのベンタイン市場。スリ。宿のおばちゃん。激ウマケバブ。スリリングなバイタク。まずい煙草。水滴したたるクーラー。偽物のレイバン

 

ホーチミンは暑かった。

ハノイは夜なんかかなり涼しかったから舐めてた。

今まで旅した中でも1番南くらいだしそりゃ暑いわ。

ベトナムは特にトゥクトゥクがいないのはちょっと大変。意外とタクシーも捕まらなかったりする。トゥクトゥクだと目が合ったら自分から来てくれるから楽。

ゲストハウス的な安宿が町の規模に比べて少ないように感じた。シーズンだったからかもしれないけど、直接行って交渉、という感じもなく、前日ネット予約でギリ、みたいな感じだったりした。シーズンなのかな。

交通量もすごかった。インドよりは信号があったけど、車のすごい数よりバイクのすごい数ってなるとエグい。

テトリスみたいに隙間さえあれば詰めていくからね。

あとはやっぱりお金。ドン。ややこしい。

100円がだいたい20000ドン。町ではだいたいゼロ3つ省いて20000ドンを20kと表示してる。口でもそういう。コンビニで買う500mlの水が5000ドン。店で飲むビールが25000ドンくらい。ちょっと洒落た店のパスタが130000ドン。という感じでゼロで目が眩む。

それに観光客相手だとドルで言ってきたりするからややこしい。

まあとにかく物価は安い。タイとかよりももう少し安いかな。

まあとてもいい人が多くてみんなエネルギッシュなんだけどやっぱりおくゆかしさがあって、そこは日本人に通ずるところを感じた。

ホーチミンは電車通そうとしてるのも含めて工事が多く、本当に発展の真っ只中さを感じた。

英語は思ったよりもみんな喋れるけどやっぱりすこし場末に行ったり、お年寄りには通じない。

食べ物は基本的にヘルシー、だけどどんなものでも食べるのがすごい。肉もなんでも食べる。

あとは思ったよりパンみんな食べてた。フランスパン。

コーヒーはうまい、けど甘い。ブラックコーヒーにも砂糖が入ってる。エッグコーヒー、スイーツ的で最高だった。

 

たった2週間。いつもよりも短い旅だったけど1人になるには充分な時間ではあったな。

とりあえずそろそろホテルもチェックアウト。

荷物整理して空港に向かおう。

あと4時間くらいでフライト。

最後の大仕事だ。

 

 

ホーチミンでスリにあった話

 

旅ももう10日くらい。

ハノイから飛行機でホーチミンにきてる。

やはり立地が大事だと思って中心地、バックパッカーストリート、ブイビエン通りから路上を一本入ったような安宿にいる。

ブイビエン通りは飲み屋やレストラン、ツアー会社にマッサージとまあバックパッカーが集まるようなストリートで、

昼間は静かだけど夜になると爆音で音楽がかかって白人の若者が酔っ払ってはしゃぐ。

バンコクカオサン通りとまではいかないけど、かなり盛り上がってる。

通りのど真ん中は特にクラブとかイケイケな飲み屋しかなくてもう少し落ちついたところで飲みたいおれは、

通りの端に近い、すこし落ちついたカフェバーなんかで飲んでる。

今日も夕方暑さに負けて飲み屋に入った。

まだ明るい時間、客はまばらだった。

だいたい煙草を吸うし気分がいいので外の席に座ってビールを飲む。

今日もいつものように席に座り隣の席にリュックを置いた。

注文したビールを1口、2口と飲んでたその瞬間、一瞬の衝撃とともにおれのリュックが消えた。

横を狭い路地に面した端の席だったんだけど、いつもはバイクなんか通らないその路地を、一台のバイクが勢いよく通り過ぎる瞬間におれのバッグを引ったくっていった。

一瞬頭が真っ白になって、そのことを理解するころにはもうバイクはいない。

やられた。旅はいつも東南アジア。

一番気をつけていることがスリだったんだけど、気を抜いたというよりそれがあまりリアルではなかった。

こうゆうことか、という感じ。

まあまず一つ間違いないことは、だせえ。

気をつけてはいたので携帯、財布なんかは全部ポケットに入れて、どっちかというとこっちの方をいつも警戒してた。

盗られたのはなんだ、恐る恐る思い出す。

最高に不幸中の幸いだったのはパスポートが入ってなかったこと。

今いる宿はたまたまチェックアウトまで預けておくシステムだった。

根拠もなくスられるよりリュックは背負ってるから、開けられて盗られることに注意してたのでパスポートはリュックの奥に入れておくことがよくあった。

これはとてもラッキー。

それに宿の鍵も今日はたまたま部屋の掃除をお願いしたので預けてきた。

一番の打撃はカメラだ。別に高いわけでもなく友達にもらったオンボロだけど、今日までの旅の写真がいくらか入ってた。

それに、携帯のポータブル充電器、これも値段じゃないけど旅には心強い。

それに日本で使ってたSIMカードだ。

さっきAUに電話したらSIMカードはわりと簡単に再発行してくれるみたい。

あとは今日ベンタイン市場で買ったTシャツと日本から持ってきた煙草くらい。

まあ被害は少なかった方だろう。

まあショックはそれなりにあったしヘコんだ。

腹が立ったり恐怖感だったりいろいろだ。

まあでもお金、携帯、パスポートが無事なら余裕でなんとかなる。

それとこれからもいろんなところに行くであろうおれとしてはいい勉強だし、

東南アジアを攻めるなら1回くらい経験しておいた方がいい類いのエピソードでしょ。

タイでオカマに騙されかけたのもそうだけど。

という見方をすれば現金もパスポートも失わないで 箔 を手に入れた、みたいな感じだ。

もちろん反省もしてるけど。

荷物が入るからサブバッグをリュックにしたのも、わりと不安があったし、

やっぱりショルダーの方がいつも身につけていられるし前で持ってられるから安心ではあった。

明日あたりベンタイン市場とかで斜めがけの良さそうなバッグを探しに行こう。

パスポートなんかは首から下げたり腰に巻いたりする貴重品入れがあるだろうし、

本当はズボンのポケットだってファスナーがついてた方がいいだろう。

想像がつくことからセキュリティ固めていこう。

リアルに体験できて良かったということかな。

日本ではよほどほったらかしにすれば盗られるけど、目の前で持っていかれた。これがベトナムだ。そんな国の方が多いだろう。

とにかく多少の被害はあるけど、体が無事で旅を続けれる状態でよかったし、

こういう状況になってみると、とてもシンプルで身軽な気持ちになってくる。

意外と必要なものってなくて、物にとらわれているのもあまり気持ちよくないということがわかってくる。

カメラで撮った素敵な思い出写真よりもこの体。経験があればいいということ。

物理的には海外にいる上で、パスポート、お金、携帯、あと充電器とか携帯周りのもの、

があれば余裕で旅ができるんだろう。

とにかくださいけど、これに屈せず遊ぼう。

こんなことに怯えてたら東南アジアは楽しめない。警戒はしても怯えちゃいけないって事だろう。今までのおれは逆だったんだろう。

しっかり警戒、対策をして、しっかり遊ぼう。

日本帰るまであと5日くらい。時間は少ない。

とりあえず明日は新しい宿に移動する。

これが最後の宿になる予定。

どこかで蚊に刺された、かゆい。

虫除けスプレーもスられちゃったからなあ。