ソウル

 

秋の終わりの韓国、ソウルまで友達に会いに行った。

名前はスジ。出会った頃から妙に温度が合う奴で、

韓国人だけどそんなこと意識させないくらいには日本語がわかる。

東京では一緒にいろんなことをして遊んだし、よく真夜中に酒を飲んだ。

スジは何年か前に地元、ソウルに帰って絵を描いている。

前々から   韓国きてよ!  と猛プッシュされていたんだけど、10月頃、急に気が乗って航空券を取った。

大切な友達、あいつの生まれた街、暮らしを見てみたいとおもった。そんな経緯だ。

 

昼頃、成田からの便で3時間弱。

いつもの東南アジアよりもぜんぜん近かった。

空港からバスでソウル市内、スジの住むキョンボックンという街を目指す。

仁川空港からバスで1時間、キョンボックンの駅前のスターバックスでスジと待ち合わせた。

そんなに久しぶりでもない、半年ぶりくらい。

いつも会ってるかのように再会してサムギョプサルと美味いビールを飲んだ。

スジの家は兼アトリエでこじんまりとしたビルの2階から4階、それと屋上だ。

猫が2匹いる。トウキョウ と ドド だ。

猫にトウキョウとつけるのがとてもあいつらしい。

屋上からの眺めは素晴らしく、わりと近くに小さな山も見える。

アトリエを片付けて布団を敷いたら立派なおれの部屋ができた。

そんな最高の環境で毎日ビールを飲み、猫たちといい時間を過ごした。

昼間スジが仕事に行っている間はひとりでソウルをうろうろした。ナンデムン、トンデムン、

市場でごはん食べたり学生街をうろうろして買い物をしたりした。

街は東京と同じくらい栄えている。

道端に食べ物の屋台があって人が寄り合っているのがノスタルジーな感じだ。

夜はスジといろんなものを食べた。サムギョプサルから始まってダッカルビやプルコギ、コリアンバーベキュー。もちろん毎食ビールはかかせない。たくさんの食べものでもてなす文化の韓国ではだいたい何を食べても量が多く、頼んでもないキムチや漬物なんかもたくさん出てくる。毎食ビールとごはんでお腹がパンパンだ。

帰るとリビングで2人で飲み直す。一緒にクイーンの映画を観にいったもんだからクイーンばっかり聴いていた。

最後の日はスジが休みをつくってくれて、一緒に観光した。昼過ぎの散歩、寝起きのチキンとビールから始まって、道に迷って閉館に間に合わなかった画廊、スジも初めてのソウルタワー、夜中はイテウォンでクラブなんかに行ってみた。

ソウルのクラブはパブっぽくイカしてた。

流行りのEDMは東京と変わらないが、誰でも楽しめる自由な雰囲気でしこたまジャックコークを飲みながら知らない流行歌を楽しんだ。

次の日は帰るだけ、朝、スジがつくってくれたジャージャー麺を食べて、スーパーでお土産を買いつつバス停まで送ってもらった。

最後の最後まで2人してくだらないことを言っている。でもきっと同じような気持ちだろう。

なんとなく言葉に詰まる。

スジもわりと頻繁に東京にくるし、会えないということよりも、短い間、2人で生活した日が終わることに少しだけ寂しいんだろう。

ソウルでの5日間、なにも決めずにダラダラと過ごした。毎日2人で飲み、これといって何を話すわけでもなく、昔話やくだらないことばっかり言っていた。

お互いわかっていると思うから普通のことは言わない、言えない。

口にはしないけどスジはとても全力でもてなしてくれていたし、時間もつくってくれた。スジはとても人を大事にするいいやつだ。

その心づかいに胸が苦しくなるくらいに嬉しかったけど、照れ臭い。スジは感じてくれていると思う。

いきなりそんな事を口にするような関係性でもなく、そういうところはお互い態度で会話してるみたいだ。

スジもおれもはるばるソウルまで来たことを喜んでいてくれたと思うし、おれもどうなることやらと思っていたけど思い出すととても尊い、最高の時間だったと思ってる。

予定より少し遅れてバスは来た。

あまりにも急だったから、お互い  気をつけてね。  ありがとね。みたいな感じでハグをして別れた。スジはバスと反対に向かって歩きながら手を振っていた。

 

海の向こうまで人に会いに行く旅は初めてだったけど、とてもドラマチックで良いものだと思った。

スジとも東京で飲んでいるのとはどこか違う、変な感じだ。あいつもそうだろう。

やっぱりいつもより張り切っていたし、すこし表情が違った。

東京にいると会いにきてもらうことの方が多いけど、みんなに会いに行きたいと思った。

 

 

馬鹿は不幸が好きなんだ

 

みんな言ってもどうにもならない事ばかりグチグチと言ってる。

おれはあまりくよくよするのが好きじゃない、というかできないタイプなので、あまりにもくよくよした事ばかり言っているやつが多いのが不思議だ。

くよくよするのは無駄だ、とは思わない。

むしろ大事だとおもうんだけど。引きずってしまうのは良くない。

おれはくよくよするのは一瞬。そのかわりその時間は思っ切りくよくよするようにしてる。

 

くよくよした事ばかり言っているひとは周りにも結構いるのだが、だいたいグチというレベルを通りすぎるとそのネガティブが体内に充満しているのか、ネガティブな出来事を吸い寄せているように見える。

そして、そういう人が口にするくよくよはだいたい、疲れた、もう嫌だ的な、だから?と言いたくなる系か、

でもこうなるかもしれない、とかやってもない事の失敗ばっかり想像して悩んでいる。

グチグチグチグチ言いながらバキバキに仕事したりしている人は好きだ。

エネルギーの違いか。明日に向かっているパワーか。おれが子供の頃に出会ったパンクロックみたいに。

だいたい無意識のうちにネガティブなことを言ってるようなやつからはエネルギーなんか感じないし、どこかくよくよした事を言っていたい、という所があるような気がする。

不幸な自分かわいそうでしょ、なのかなんなのか。

暇つぶしにはいいかもしれないが、おれにはくよくよしてる時間もそれに付き合わされる時間もない。

 

 

馬鹿野郎がついてまわる

 

ブルーハーツの名曲に1000のバイオリンという曲がある。

その中に  "揺りかごから墓場まで 馬鹿野郎がついてまわる" という節がある。

中学生の頃から散々聴いたこのフレーズに

ある日突然ピンときた。

たぶん19か20くらいの時だったと思う。

高校を出ていわゆる 社会  に出た頃。

何をするのにも何かが邪魔で何もする気が起きなくてロックンロールを聴きながら毎日街をほつき歩いてた。

「ほんと世の中、馬鹿野郎ばっかりじゃねえか」

馬鹿野郎の人並みを縫って生活しているような感覚だ。

それから5年、6年。相変わらず世の中意外と馬鹿野郎が多い。

同世代の馬鹿野郎とはこの先ずーっと仲良く歳をとっていかなけりゃならない。

これがマーシーが感じていた苛立ちを、自分なりに身にしみてる。

順調にいけばこれから半世紀くらい、仕事場から付き合い、老人ホームの相部屋からまさしく墓場まで馬鹿野郎がついてまわる。

まだ長いこれから先、はやく馬鹿野郎との付き合い方をベンキョウしておいた方がよさそうだ。

値段と味

 

"高いものは美味い "

というセオリーにこちら側が帳尻を合わせ、「やっぱり高いだけあって美味しかった」

ということにしてしまうような事がある。

結局味覚なんかは雰囲気や値段に左右されてしまうようなガバガバなもんなのだ。

不味いものは平等に不味いでいいじゃん。

 

酒は良い例だ。市販の同じウイスキーなんかでも飲む店によっては1ショットが安い店のボトルと同じくらいの値段になるだろう。

それはその店の環境、雰囲気、グラスや提供の仕方である種 騙す  ようなところがある。

全く同じもの(ロックや割りものであれば氷、やソーダで味は変わるが)を出すんでも、美味い店と不味い店が存在する。

 

最近友達と飲むと2〜3件で 200円バー という店によく行く。

おびただしい種類のカクテルがすべて200円で飲める。

内装はまあ少しカジュアルなバーで、見ていると材料の酒も、バーテンダーの技術もそんなに悪くない、カクテルもしっかりつくられている。

普段飲む事の無いようなカクテルを値段を気にせず次から次に頼めるのでなんとなく楽しいが、なにかが足りない。

酒のランクも、レシピも申し分ないんだけど、きっといつものように背伸びをして飲む、というフィジカル面での違いだろう。

少し後ろめたさを持って飲むと美味い。

許されてしまうと冷める。

おれはヤクルト好きだった子供の頃、始めて500mlのピルクルを飲んだ時のがっかり感を思い出した。

やっぱり 高いものは美味い というセオリーは味覚をねじ曲げつつ、できる限り守っていこうと思った。

音楽は耳だけで聴くものじゃない

 

 

好きな音楽は?

と人から聞かれることがよくある。

音楽は?という質問であれば、ロックンロールとか、リズム&ブルース等と言っておけるのだが、

好きなバンドは?というパターンがある

これには困っている。

だってたくさんありすぎるし、その日によって違うのだ。

まあまず同世代とかに聞かれることが多く、そんな若者の軽い質問に、ブッカーT&MG'sだのバターフィールドブルースバンドだのアニマルズだの言っても白けてしまうだろう。(今日はこのあたり聴いてた)

同世代からの音楽トークはとても面倒くさいけど、例えロックオタクのおっさんとの話でも好きなバンドなんてなかなかぱっと出ない。

シチュエーションがだいぶ左右してくる。

例えば夏はスカ、トゥーツ&メイタルズにスペシャルズ、深夜の散歩はトムウェイツや佐野元春。ドライブにはユーミンや70年代くらいのストーンズ。寝る前の静かな時間にはジョニミッチェルが聴きたい。

そのシチュエーションに聴くといつもそれが1番 になってしまうのだ。

茶店のバイトの女の子ってみんな可愛く見えるみたいな。(だいぶ違うか)

そのシチュエーションがライブともなってくるともうなんでもかんでも最高になってしまう。

これだからフェスは儲かるんだと思う。

横浜のビーチで見た加山雄三は最高だった。

名前も知らないアーティストでも最高になっちゃって帰りにツタヤでCDを借りて部屋で聴いてみると全然退屈、とかよくある。

音楽は耳だけで聴くものじゃないということだ。

これからもう少し寒くなって、秋の終わりから冬にかけてスイートソウルミュージックが旬。格別だ。

ということでシュープリームスの甘い名曲を貼っておく。

 

Diana Ross&Supremes / Where Did Our Love Go 

 

https://youtu.be/qTBmgAOO0Nw

男のかっこよさ

 

アメリカのロックバンドに The Band というバンドがいる。

1960年代の終わり頃に出てきたバンドだ。

"アメリカンロックの最高峰" なんて言われたりしている。

おれはザ・バンドが大好きだ。

核である部分以外を削ぎ落としている彼らのスタイルからは男のセクシーさを感じる。

時代はサイケデリックサウンド全盛。

楽器も多ければ音も多い。(そんなのはそんなので好きだけど)

その上だいたいバンド名も長い。ジェファーソンエアプレーン、クイックシルバーメッセンジャーサーヴィス、ヴェルヴェットアンダーグラウンド、どれも長ったらしい。(全部カッコいいし最高)

そんな中に ザ・バンドだ。

バンド名からのイメージまでも排除されていて、むしろ、もう少しちゃんと考えたら?と言いたいくらいのそのバンドのサウンドはまさに間を楽しむ音楽だ。

楽器も最低限、バスドラムの弛みがしっかりと聴こえるくらいの音の薄さは男臭くてたまらない。引き算の音楽だ。

外側から減らしていくのは度胸がいるし、おれは身を削いでいく男らしさみたいなものには断然弱いということだ。

 

例えば男はつらいよの寅さんだってカバン1つでフラフラとしてるからかっこいいんであって、毎回旅に出る度に、「兄ちゃん旅に出るよ、荷物は明日クロネコヤマトが取りに来る。」なんて言われたらさくらも泣くに泣けないだろう。

身一つで生きている。という男のセクシーさだろう。

女は多少着ているくらいが一番セクシーだけど(当社調べ)、男は脱ぎ捨てれば捨てるだけセクシーだと思う(精神的にね)。

引ける男はかっこいい。

 

飲み屋でちょっと頭の弱そうな女が「結局男は白Tにジーパンが似合うかどうかだよねぇぇ」と言っていたのを思い出した。

 

 

 

頭の中を、世良公則&ツイストの宿無しが回ってる。

時刻は深夜1時を過ぎた、これからがおれの時間だ。

夏が行って秋がきた。最近は街的な仕事、ウーバーイーツで健康的に日銭を稼いでる。

今月の終わりから飲み屋の仕事が忙しくなるからそれまで。

そして来月は友達に会いに韓国、ソウルに行く。いつものことだけど、その後のことはなにもわからない。

そろそろもう少しやりたいようにお金を稼ぐことを考えていきたい。